我が家のお墓のあるお寺のお坊さんの顔を見るのは、お盆の檀家廻...

年中無休

お問い合わせはこちらから

我が家のお墓のあるお寺のお坊さんの顔を見るのは、お盆の檀家廻...

我が家のお墓のあるお寺のお坊さんの顔を見るのは、お盆の檀家廻りで御経をあげに来る時だけです。そのくせ、檀家廻りの日時も葉書一枚、一方的に送りつけていきて、こちらの都合などお構いましで来訪されます。所要時間5分の読経で、お布施を取るとそそくさと、後がありますからと、まるで集金業務のごとき仕事ぶりです。昔と違って、お坊さんの威厳というものは皆無で、なんと社会常識とかけ離れたものかと最近はつくづく呆れることばかりです。お寺に墓参りに行くと墓の周囲の手入れもあまりされている様子が感じられず、読経の声が聞こえたこともありません。そのくせ、寺の修復工事がいくらかかるのでお布施をお願いしますといった郵便は数年に一度送られてきて、入金するのが当然のような対応に不快感を感じています。

前のお客さまの声・ご感想へ

次のお客さまの声・ご感想へ

その他のお客さまの声・ご感想

voice925様    寺院
もう人の親になる歳の私ですが、つい昨年までお寺さんお坊さんには全く縁のない人生を...
voice728様    寺院
私は昔からお坊さんが苦手でした。それは、お経が怖く聞こえたからです。お盆の時期に...
voice359様    寺院
檀家であったり、自宅に仏壇があり、家族の月命日にお詣りをしてもらっている家庭では...
voice568様    寺院
最近の友人に仏法を学ぶ方と出会い、どういう体感が、あるのか?拝聴する機会に恵まれ...
voice327様    寺院
寺院に興味があってよく赴きます。そこでお坊さんの説法を聞くことがあるのですが、自...
voice327様    寺院
お坊さんが車に乗っているのをよく見かけます。大体が軽自動車に乗っているのですが、...
voice327様    寺院
祖母の家には昔から毎月1回お坊さんが来て読経をあげていきます。読経が終わるといつ...
voice894様    寺院
福井に永平寺という臨済宗の大本山があります。父が亡くなった年の大晦日から年越しの...